《外科》《消化器外科》

食道、胃、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓の良性、悪性(癌)疾患の治療には特に力を入れています。
患者様の一般状態、根治性を検討の上手術、化学療法などを選択しています。
胆嚢摘出術(胆石症等)、消化管穿孔(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)、早期胃癌、大腸癌、気胸、転移性肺癌などを行っています。

その他の診療科目一覧