《肛門外科》

注射剤を内痔核周辺に投与し、投与後しばらくすると出血が止まり、内痔核脱出の程度も軽くなります。
さらに1週間から1ヶ月前後で投与された部分が小さくなり、脱出や肛門の周囲の腫れもひいていきます。
痔かな?と思ったら我慢したり悩んだりせずに早めに診察しましょう。早く治療すれば簡単な処置ですみ、お薬で治していきます。

その他の診療科目一覧