栄養科では2月に行事食を2回提供しました。

1回目の2月のテーマは『節分』

メニュー
ちらし寿司
カラスカレイの照り焼き
ひじきと大豆のサラダ
すまし汁
ほうじ茶プリン


今月の行事食は節分がテーマの為恵方巻の代わりにちらし寿司、節分の豆まきの代わりに大豆とひじきのサラダを提供致しました。
デザートのほうじ茶プリンは煮出したお茶をただ固めるのではなく、ほうじ茶特有の香ばしい香りを引き立たせ、お茶の渋み等も感じることなく喫食して頂ける様工夫しました。
(糖尿病の患者さんには人工甘味料を使用したデザートを提供しております。)

2回目の2月のテーマは『バレンタイン』

メニュー
塩ラーメン
里芋の煮物
ヤクルト
チョコレートババロア

バレンタインの2/14には患者さんにチョコレートババロアの提供を行いました。
普段食事制限にて甘い物等を控える様指導している患者さんにも月に1度の行事食の日には気にせず喫食して欲しいという思いから栄養科では人工甘味料を使用したデザートも作成しています。見た目も味もほとんど変わることなく提供できるようにするのはなかなか難しいですが、月に一度楽しんで貰えるよう試作を重ねています。
また、職員にも手作りクッキーを用意し普段の感謝の気持ちをこめ提供しました。