栄養科では11月18日に行事食を提供しました。

『秋の行楽弁当』

メニュー

さつま芋ご飯
天ぷら
炊き合わせ
ブロッコリーとベーコンのサラダ
具沢山汁
おはぎ二種

行事食は秋の行楽弁当がテーマです。

今月は和をモチーフにしたデザートを提供したいと考え、おはぎを提供しました。おはぎはもっちり感が特徴ですが、高齢の方には嚥下が難しいと思い、小さなおにぎりを作り、あんこで包んで、おはぎ風として提供しました。もう一種はおにぎりの中にあんこを入れ、周りにきな粉をまぶしたおはぎを提供しました。
あまり提供されることのないデザートに患者さんからは大変好評でした。

また、キザミ食の患者さんにはモンブラン風プリンを提供しました。
かぼちゃペーストをモンブラン風に絞り口で盛り付けることにより、見た目も華やかになりました。

感染症予防のため、なかなか外出ができない中でも食事の時間だけは楽しんでいただきたいという気持ちから、お膳が豪華に見えるようにと今月も気持ちを込めて作成しました。
心おきなく外出できる日はまだ遠いですが、これからも気持ちが少しでも晴れやかになるような食事を提供できるよう、栄養科一同頑張っていきます!!!